賢い医療保険選びガイド

医療保険のデメリット

楽な審査や安い保険料で入れる医療保険のニーズが高く、多数の保険会社がバリエーション豊かなプランを取り扱っています。

 

ケガや病気は必ずなるとは限らないものですが、万が一の対策として安い種類でも何かしらの医療保険に入っている人が多いというのが現状です。

 

医療保険の契約をすることで、トラブルで入院したときには入院給付金をもらうことができます。

 

それから、手術されると手術給付金が支払われることになっていますし、プランによっては入院後の通院費用、先進医療は保険の対象から外されているものの、これについても費用の支払いが行われます。

 

こういう低料金の安い保険料の場合でもしっかりと保障してもらえる医療保険ですが、デメリットがないとは言えません。

 

まず最初に、保険料が安い医療保険には、死亡時の保障が無い場合が大半です。

 

通常の医療保険の場合は死亡保障や解約返戻金が備わっていないので、貯蓄タイプではありません。

 

死亡時の保障や貯蓄性のことを考えるのならば、安い医療保険ではなく、死亡保障付きの終身保険のようなプランを検討するほうがよいでしょう。

 

なお、近頃の医療保険の傾向としては、審査が簡単に行われるようになったり加入できる条件が厳しくなかったりしますが、退院を繰り返しているなどの健康状態では加入できないこともあります。

 

これ以外にも、定期型の医療保険については契約時の年齢が若いとその分保険料が安くなりますが、期間が経過し見直しをする頃には保険料がプラスされるというデメリットもあります。

 

安い掛け金から入れる医療保険ですが、あまり多くの保険契約をしてしまうと家計にも負担になるでしょうから、本当に必要な医療保険を1つに絞るのが良いでしょう。